経験年数3~4年

転職して私には地域リハで働くことの方が向いていると発見できた

これまでのキャリア

30歳 女性 作業療法士、病院3年(回復期1年、急性期2年)、訪問看護・リハビリステーション1年半

 

いつかは地元に戻りたいという思いがあった

新社会人になる際に、自立したいという思いが強く、地元を離れて教育に力を入れている他県の職場で働きました。当初からいつかは地元に戻りたいという思いがあったため、3年働いてから転職をしました。また、様々な領域で働きたいと思っていたため、病院の後は訪問リハビリに変えました。

 

地元の情報が解らなかった為、転職エージェントに登録し情報収集

転職を決めて活動し始めてから所要時間は約1ヵ月で決まりました。前職が地元ではなく他県だったこともあり、地元の職場の評判など全く分からなかったため、専門職専用の紹介会社に登録して紹介してもらいました。その会社は電話での相談や履歴書の確認、面接の同行などとても手厚い対応をしてくれるところでした。最初は面接にまで来なくてもいいのにと思いましたが、後々、面接に同行してくれることでその職場の面接の流れや、面接時によくみられる質問、対応策などを事前に伝えてくれるので、結果は助かりました。

 

転職して私には地域リハで働くことの方が向いていると発見できた

私は転職して良かったと思います。病院から地域社会に転職したので、働き方など殆ど違いました。病院は休みはシフト制でバラバラだったのが、訪問で働き始めてからは完全週休二日制で、祝日休みとさらに月に一回平日休みをもらえました。給与面では、基本給などは上がりましたが、賞与は歩合制だったためあまり多くなく、全体の報酬だと病院とあまり変わらなかった印象です。ですが、病院から退院して在宅生活の復帰に向けてリハビリができることにはとてもやりがいを感じ、私には地域で働くことの方が向いているという発見にも繋がりました。

 

紹介会社でスムーズに転職できたが、もうちょっと粘っても良かったか

紹介会社が親身になってくれたので、とてもスムーズに進みました。ただ、今振り返るとスムーズすぎたというか、私自身がもっと見学に行ったりと行動していたら、さらに視野を広げることはできたと思います。現在は事情があって休職中ですが、将来は訪問リハビリまた再開したいと思っています。終末期のリハビリテーションにとても興味があるので、そのための実績も積んでいきたいと考えています。

 

職場見学して職場の空気や患者さんとの関係を見れると良いと思います

紹介会社への登録は無料なので、そういうところで紹介してもらうのも一つの手ですが、見学が可能な職場であるならまずは見学して職場の空気や患者さんと職員の関係性なども見てこれたら良いと思います。また、大変にはなりますが、面接は一つと限らずいくつか受けてみて、その間に色々調べてから選んでも遅くないと思います。

 

妊婦でも役割があり働ける社会になったらいい

これはこの業界に限ったことではありませんし、現実問題厳しいかと思いますが、妊婦でも転職できる環境があるととても助かります。リハビリ職はやはり体力を使うことですし、体調が不安定だったり、力仕事を任せられない状態の人材は雇いたくないというのが普通の考えだと思います。ただ、専門の資格を持ちつつそれをいかして働きたいのに働けなくて困っている人がいるということを考慮して雇用形態など考えていただけると助かります。

上司がワンマンの職場で嫌気がさして転職

これまでのキャリア

30歳 女性 作業療法士、一般病院2年半、急性期病院1年弱

 

上司がワンマンの職場で嫌気がさして転職

初めて就職した病院は上司のワンマンな職場であった。その上司に何をするにも怒られた。自分の休みの次の日には必ず怒られるし、次第に休みの日にも連絡が来るようになった。子供の体調不良で急遽休まないといけなくなった時も、しつこく連絡が来た。上司の顔色を伺いながら業務を行うことが嫌になり転職した。

 

マイナビ医療に登録して転職活動、仕事をしながら探したので結局半年を要した

インターネットの様々なサイトを巡り、口コミなどを参考にし、マイナビ医療に登録。登録するとすぐに電話があり、電話で条件等を掲示。子供の保育園が決まるかわからなかったので、託児所ありの所を探して頂いた。その後、担当者とお会いし、求人案内して頂いた。その中から気になる案件を伝え、求人側との連絡を取って頂いた。仕事をしながらであったので、仕事の休みの日に面接を設定して頂いた。求人側の求める日程と自分の休みが合わない時もあったが、担当者が間に入ってくれ、調整をしてくださった。全部で半年位を転職活動に要した。

 

転職して精神的なストレスから解放された

給料は少し下がったが、上司との関係が良好になった。休日にも不安になることはなく、精神的にも負担が軽減した。転職サービスを利用して、担当者と面接を行ったので、担当者が私の人格を多少ではあるが理解して下さり、私に合った求人を紹介してくれた。

 

スタッフが生き生きと輝いていたらそこは良い職場だと思う

現在の職場が一人一人向上心が高いので、負けないように向上心を持っていきたい。また、院内だけでなく、外部研修にも積極的に参加していきたい。見学等を行った時に、リハビリ職を含め、スタッフが輝いて見えたら転職すべきと思う。転職には勇気がいるが、一歩踏み出して欲しい。

精神疾患の方の地域支援を学びたいと思い訪問看護へ転職

これまでのキャリア

26歳 女性 作業療法士、精神科病院4年目

 

精神疾患の方の地域支援を学びたいと思い訪問看護へ転職

もともと精神科病院勤務で地域支援に興味があり、主な利用者が精神科疾患の訪問看護ステーションへ転職しました。地域での暮らしが促進されている昨今、精神科特有の長期入院の患者や再入院を繰り返す患者をどうすれば在宅生活が定着できるのか、自分の目で確かめ学び支援したいと思いました。

 

作業療法士として実生活のQOL向上を意識した

精神科主体の訪問看護ステーションへ転職しました。訪問看護ということもあり看護師が身体症状や服薬管理など行いますが、私は作業療法士としてデバイスやツールを意識しQOLが高められるような関わりを意識していました。例えば、記録表を用いて生活状況を一緒に振り返り、再発予防や就労などその方の目標へ向けて助言や見守りを行なっていました。あくまで精神科主治医からの指示書で動いていることもあり、身体に触れROMをするなどは一切行なっていません。その代わり、体操やストレッチ、散歩など健康増進への働きかけは行なっていました。

 

365日24時間のオンコールはきつかったが労働環境は悪くなかった

365日24時間のオンコール体制で心身共にきつい時もありましたが、結果的には良かったと思います。その分手当が増えたり、休みの融通も利く職場でした。もちろん対価もですが、それ以上に利用者やスタッフから認められたことやケースを多職種で支援する中で様々な角度からのアセスメントやアプローチができたことが良かったです。実りある職務でした。

 

今後は精神障害者の就労支援に携わりたい

現在は一身上の都合で業務から離れてしまいましたが、今後は精神障害者の就労支援に携わりたいと考えています。就労支援事業所に勤め、作業療法士の特性を活かしながら支援できればと考えています。

 

必ずしも感謝などの見返りは無いが、充実感が見付けられる心が大切

リハビリ職は、ひとへ寄り添うことや力になりたい気持ちがある方が目指されていると思います。必ずしも感謝などの見返りが返ってくるとは限りませんが、その中でも自己研鑽を忘れないことやそれなりの充実感を見つけられるような心も大切だと思います。

 

 

 

新卒で就職した回復期病院は業務システムが上手く機能していなかった

これまでのキャリア

26歳 男性 作業療法士(回復期病院3.5年、訪問リハビリ2か月、老健1か月)

 

新卒で就職した回復期病院は業務システムが上手く機能していなかった

回復期病院は上層部が無駄に型に捕らわれた方法を進めるため、業務量が増えていき、特に上層部の負担が大きかった為、新人は八つ当たりの対象になることが多く、結果上層部、新人共に退職していった為、自分もその病院に限界を感じて退職した。訪問リハビリは歩合制の所に就職したが、入社前の面接で社長が言っていた待遇と大幅に違う部分がみられたため、早期退職を決意した。今は老健で働いている。

 

マイナビやPTOTSTワーカーなどを利用、面接は退職の半年前からスタート

回復期からの転職の話について。面接を受けたのは退職の半年以上前。退職の際は、当然担当患者や業務内容の引継ぎや病院によっては3か月以上前に退職を願い出なければ原則認めないという決まりがあったりするので確認はすべき。また、1月~3月は退職者が多い時期の為、求人募集している所が多く、7~9月は経験者枠を募集している事が多い。転職サイトとしてはマイナビやPTOTSTワーカーを転職サービスとして利用。特にPTOTSTワーカーはこまめに電話対応してくれる為、転職の支えとなってくれた。

 

転職したものの納得できずに再度転職。職場見学は大切だと痛感

回復期病院から訪問リハビリに転職した時はやはり初めての転職だったのでネットに提示されている給与条件のみに惹かれて入職したが、実際入職してみると、嘘ばかりで人間関係も最悪であった。それを踏まえて、次の職場の面接時には面接官の態度やリハビリの様子、職員の対応など求人票には書くことのできない部分を見て判断し転職場所を決めた。結果的に給与は上がり、休みも増えた。まとめると求人票の条件を判断基準にするのもよいが、見学だけでもよいので実際に仕事場に足を運び雰囲気を感じ取るのが大切だと感じた。

 

転職先は現場に足を運んで判断するのが一番だと実感

先ほども少し述べたが、やはり実際に職場に足を運んで判断するのが一番だと改めて実感した。求人票は多くの人が見るため気を引くために都合のよい部分ばかり条件として挙げられている事が多い。特にバックが小さい職場で条件が破格だった時は注意が必要。また、PTOTSTワーカーは電話対応の他にも現地に一緒に向かってくれるため、安心できる。

 

まずは作業療法士として現場貢献をしたい。いずれは夢に挑戦も

まずは職に困っていた自分を雇ってくれた職場に作業療法士として貢献していきたい。現在自分はパラレルワークとして様々な仕事を行っているが、今後は年収1000万~2000万に到達し、その資金で新たな挑戦をしていくのが夢。

 

自分がどのようなキャリアを展開していきたいか明示することが大事

まずは自分が今後どのようなキャリアを展開していきたいかというのも転職条件として入れたほうがよい。例えば自分は様々な収入源を確保し得た資金で新たな挑戦をしていく事が夢であるため、定時退社が可能か、人間関係が良好か、業務量は少ないほうかというのを条件として踏まえた。しかし中には研究を行いたいという人もいると思うのでそういう人は研究を積極的に行っているかなど自分がライフワークにマッチする条件を考えたほうがよい。また逆に消去法で、自分はこの業務をやりたくないというのも考えるとよいかもしれない。

 

もう少しリハビリセラピストの待遇が改善してほしい

リハビリ業界に求めることは賃金の向上。日本は医者と看護師の待遇ばかりよくしている。現に回復期病院などはセラピストが単位を稼いでいるようなものなのでもう少しセラピストへの待遇の改善を考慮してほしい。

自分の性格や生活スタイルにあった勤務地を探そうと思った。

これまでのキャリア

28歳 女性 主な勤務先:ケアミックス病院(慢性期中心、小児病棟あり)半年、介護老人保健施設2年半

 

自分の性格や生活スタイルにあった勤務地を探そうと思った。

元々ケアミックスの病院に勤務していたが、上京してすぐで環境についていけなかったこともあり体調を崩し、働けなくなって辞めざるを得なくなった。次はもう少し自分の性格や生活スタイルにあった勤務地を探そうと思い、転職しようと思った。

 

以前の病院は残業が多かった。エージェントに登録して勤務先を見つけた。

ケアミックスの病院ででとにかく残業の多い部署に所属していたので、非常勤でもいいので「残業の少ない勤務先」を中心に探した。ただ、個人で探すと大きい病院が中心になってしまったので、もっと広い範囲、たくさんの分野で探すことも考え、転職サイトを利用したいと思った。実際に「PT-OT-STワーカー」に登録して再度探したところ、直近の勤務先である老人保健施設が見つかり、人手が慢性的に不足していたこともあってすぐに採用が決まり、ゆったり働くことができるようになった。

 

時間のゆとりは出来たが経済的には・・・

転職してみて総合的にみると、年単位で続けることが出来ているので良かったのではと思う。給与の手取りがだいぶ減ったので、以前より生活が苦しくなってしまったのは否定出来ないが。

 

転職サイトとどこも似たような案件が多い

転職サイトには複数登録したが、正直どこも紹介している案件は似ていた。ただし登録先の担当エージェントが非常に親身に対応してくれる人だったため、納得が行くまで勤務先を紹介してくれたのが良かったと思う。

 

転職して自分の適応を知ることができた

転職により、自分には病院よりも在宅に近い環境、具体的には老健やデイケアといった場所での勤務が向いていると知った。今後も得意分野で働きたい気持ちが強いが、一方で見聞を広めるために病院でまた色々な人のリハに取り組みたい気持ちもある。

 

これからリハビリ業界を目指す人たちへ

リハビリは「体を動くようにする」仕事だけでなく、「生活できるレベルに持っていく」「対象者の生活満足度を高める」仕事だと思う。近年再び機能訓練が見直されてきているので、まずはしっかり基礎となる関節の動き方、筋肉の走行といった解剖学的要素を見直すべき。あと、認知症の高齢者は、本人の人となりをきちんと理解しないと対応が難しい。家族の話だけでなく、本人の話もきちんと聞くこと。本人の考え方は本人にしかわからないから。

 

 

 

 

 

ノルマがキツイ病院に限界だった

これまでのキャリア

女性 26歳 作業療法士、回復期病院3年

 

ノルマがキツイ病院に限界だった

働いていた病院は、1週間のノルマが辛かったです。108単位を達成しなければならないので、他のカンファレンスなどの業務が入った時はとても忙しいスケジュールとなっていました。

難しい症例も多く、とても勉強になった部分は良かったのですが、毎日追われるように過ごすことに疲れてしまった感じです。

 

転職の際にはマイナビを利用しました

転職の際にはマイナビを利用しました。マイナビでは、沢山の職場を紹介してくれますし、転職サイトから見るだけでは分からない、残業時間や昇給率、職場の雰囲気等を教えて頂きました。

そして、自分が出した条件通りの職場をいくつか紹介して頂き、マイナビを登録してから3ヶ月くらいで内定をもらう事が出来ました。

その際の職場見学や面接にもマイナビの方は同行してくれますので、安心して緊張することなく転職活動を行う事が出来ました。

 

給料は年収50万円程上がりました

給料は年収50万円程上がりました。そして、休みも年間126日で前職場より増えています。転職して条件が良くなり満足しています。エージェントの方が給料交渉をしてくれたのも有難かったです。

 

就職する前に職場の内情を詳しく知る事が出来ました

マイナビを利用する事で、就職する前に職場の内情を詳しく知る事が出来ました。

自分だけでは調べきれなかったり知ることができない情報です。リクルートエージェントを利用して良かったと思います。

 

認定訪問療法士の資格を取り、訪問リハビリを続けていきたい

訪問リハビリを現在はしているのですが、今後訪問リハビリの需要は増えていきますので、認定訪問療法士の資格を取り、訪問リハビリを続けていきたいです。

 

リクルートエージェントを利用する事をお勧め

転職を考えている人は、リクルートエージェントを利用する事をお勧めします。実際に働いている人やその職場を辞めた人の意見を知る事が出来ます。

無料で利用できるので絶対活用したほうがいいと思います。

 

リハビリ業界に対する要望

介護料が安くなっていっている現在、リハビリの仕事量は増えています。作業療法士の需要もこれからどんどん増えていくと思います。なので給料が少し上がって欲しいです。

 

 
 
関連サイト:理学療法士の転職について
error: Content is protected !!