経験年数10年以上

最初の転職は結婚がきっかけでした。その後入院直後から視てみたい気持ちで急性期へ

これまでのキャリア作業療法士 住環境福祉コーディネーター2級 認知症ケア専門士 老健4年、訪問3年、急性期病院7年 最初の転職は結婚がきっかけでした。最初の転職は結婚がきっかけでした。訪問から急性期病院はそれまでずっと在宅や介護保険分野で働いており、応用的思考は出来ましたが、障害を持つ方の始まり、認知症

結局転職して良かったのかはまだ分からない

これまでのキャリア38歳 男性 老健2年、回復期病院6年、急性期病院6年  他の病院から声をかけてもらえた以前の職場は

はじめの転職は家庭の事情で稼ぐ必要があった為

今までのキャリア回復期病院2年、老健3年半、他職種1年、老健半年、特別養護老人ホーム4年目 家庭の事情で稼ぐ必要があった私の場合職歴がちょっと複雑ですが、まず最初の転職(病院→老健)は給料アップのためでした。家庭の事情でどうしても稼ぐ必要があったためです。次の転職(老健→他職種)は自分

地域高齢者の分野で働きたいという気持ちが強かった

これまでのキャリア作業療法士、総合病院3年、介護老人保健施設3年、デイサービス5年目 転職しようと思った動機、キッカケは?最初、総合病院に3年勤めましたが、そこでは3ヶ月おきに病棟移動があり、たくさんの分野での経験を積むことができました。その経験をふまえて地域高齢者の分野で働きたいという気持ちが生まれた

精神科に行きたいと強く考えるようになり、転職しました。

これまでのキャリア作業療法士 認知症、精神科領域10年 転職の動機、キッカケは?もともと精神科領域に興味があり、精神科の病院に就職しました。しかし最初の配属先は老健でした。そこで認知症を7年間学びました。そしてまた、そろそろ精神科に行きたいと強く考えるようになり、転職しました。また転職

error: Content is protected !!