これまでのキャリア

32歳 女性 作業療法士 回復期3年 急性期病院6年

 

回復期病院にずっといてはOTとしてスキルアップができないと感じた

回復期にいた時に、一般病棟にリハビリに行く機会があり、このまま回復期で働いていてはスキルアップは難しいと感じたことが初めのきっかけ。あとは職場の上司がマルチ商法を行なっており、その勧誘が嫌になったこともきっかけでした。

 

地方で勉強しづらいと感じ思い切って都内の急性期病院へ転職

スキルアップのために勉強会などにも行ってましたが、地方ということもありいくのが大変でした。また、スキルを活かしきれないと感じたこともあり、急性期への転職を考えるようになりました。転職場所については一度は都心で働いてみたいと思っていたため、都内になりました。転職を考えてから実行に移すまでは約1年の期間を要しました。働きながらの転職活動であり、またシフト制で働いていたため、連休等もとりずらかったのでなかなか思うように動けなかったのが現状でした。また利用したサイトはPT/OT/STnetです。

 

臨床スキルは向上、給料は安いがやりがいはある

転職して、自分の臨床的スキルはかなり向上し、やりがいも感じれるようになりました。しかし急性期は給料が安く、忙しいのもあり残業は多くなりました。仕事を探す上では、いちばんの情報量は利用したサイトではないかと思います。しかし最終的には自分の目で見て、雰囲気を感じて決断をした感じです。給料は安いですが、非常にやりがいがある職場ではあるかと思います。現在は全国規模での学会発表や論文執筆なども行なっているため、引き続き取り組みます。

 

これからリハビリ職を目指す人へ

リハビリ職は、自分でやる気にならなければいくらでも楽できる仕事ではあると思います。自分が将来なのに重きを置いて働いたいかで転職や就職を考えることをお勧めします。仕事量と給料の割が合わない。リハビリ業界への要望は、在宅の現場ばかり歩合で給料が高いのはおかしい。なるべく現場による給料の差を無くして欲しい。

 

理学療法士の転職体験談サイト