2018年 10月 の投稿一覧

業務の負担が大きく、体調を崩してしまい転職を決意

これまでのキャリア

39歳 女性 精神科病院15年

 

業務の負担が大きく、体調を崩してしまい転職を決意

以前勤めていた所が業務の負担が多すぎて、最終的に心身の調子を崩してしまいました。

具体的に言うと病院の行事(運動会、花見など病院全体で行う行事)の準備・進行を作業療法士に一任されることが多かったため為です。ちょっと丸投げな感じがあって嫌でした。

あとは業務の内容は院長が全て決めてしまい、こちらがやりたいと思っている業務をさせてもらえない。振り返ってみるとワンマンの病院だったのかもしれません。

 

2年くらいじっくりと時間をかけて作業療法士の求人を探しました。

私の場合は2年くらいじっくりと時間をかけて作業療法士の求人を探しました。

利用したサービスはハローワークです。ハローワークを通して作業療法士の求人を探し、気になる職場があれば、インターネットでその職場のホームページを見て、その職場について情報収集しました。

ハローワークの他には所属している都道府県の作業療法士会を通して求人が来ていないか情報を収集したり、居住している都道府県の病院を調べて、作業療法士を採用しているか、採用しているのなら求人はないか調べました。

 

心身への負担が減ったのが良かったです

転職することで心身への負担が減ったのが良かったです。

それでも給料は前に勤務していた病院の方が良かったです。そのため良いことと悪いこと半々な結果になったと思います。

 

もう少し視野を広げて転職活動をすれば良かったと思っています。

心のゆとりが無かったのかもしれませんが、もう少し視野を広げて転職活動をすれば良かったと思っています。

具体的には作業療法士の求人を取り扱うサイトなども活用すれば、色んな所の求人を目にすることができたのではないかと思っています。正直そのようなサービスがあるのは知識不足でした。

 

ゆくゆくは総合病院で働いてみたい

今勤めている所でもう少し働いてお金と経験を積み重ねたいです。

そしてゆくゆくはかねてから勤務したいと思っていた総合病院で働いてみたいと考えています。

 

自分以外の職種に対する理解を深めるとより仕事がしやすいと思います

勤務先の病院によっては「チーム医療」を重視する所もあるので、自分以外の職種について、それぞれ何に重きを置いているのか、専門分野は何か、など見ておくと良いと思います。

自分以外の職種に対する理解を深めるとより仕事がしやすいと思います。

地域高齢者の分野で働きたいという気持ちが強かった

これまでのキャリア

女性 33歳 作業療法士、総合病院3年、介護老人保健施設3年、デイサービス5年目

 

地域高齢者の分野で働きたいという気持ちが強かった

最初、総合病院に3年勤めましたが、そこでは3ヶ月おきに病棟移動があり、たくさんの分野での経験を積むことができました。

その経験をふまえて地域高齢者の分野で働きたいという気持ちが生まれたために、転職をしました。

 

退職の半年前に転職活動を始めました。

総合病院に勤めて3年で転職しようと決め、その半年前に転職活動を始めました。PTOTバンクに登録し、希望に対して直接紹介をしていただいた老健施設へ見学に行きました。

何ヶ所か見学に行ってみる予定でしたが、その一ヶ所目に見学へ行った施設で働きたいと思ったのと、タイミングが合ったため、その施設への転職を決意しました。

転職活動を始めてから決めるまで1ヶ月ほどだったと思います。2回目の転職(デイサービス)は、非常勤で採用してくれるところを自力で探し(ネットで検索をしたりして)、直接施設へ連絡を取ったりして見学し、決めました。

 

転職してトントン。今の労働環境には満足

1度目の転職では、給料はほぼ変わりませんでしたが、住宅手当などが無くなったため、金銭面では転職前の方が良かったと思います。

でも、転職したことにより残業がほぼなくなったので、時間のゆとりはかなり増えました。

現在は非常勤で働いているので、比較するのが難しいですが、労働環境には満足しています。

 

見学前後で細かい確認などできたのがよかったと思います

PTOTバンクの登録はインターネットで気軽にできました。

また施設を紹介していただき、見学までの仲介をしていただくのは、仲介の人の電話を通してだったので先に段取りをして頂きましたが、見学前後で細かい確認などできたのがよかったと思います。

 

病院や老健で勤めた経験が生かせています

現在デイサービスにて非常勤の機能訓練士をしていますが、病院や老健で勤めた経験が生かせています。

これからも高齢者がその人らしく在宅生活を続けられるよう支援し続けたいと思います。

 

色んなチャレンジをしていくことは素敵なこと

リハビリ職は働き先が幅広くあります。

一つの職場での経験が、次の自分のステップへと繋がる可能性があると思うので、私は色んなチャレンジをしていくことは素敵なことだと思います。

 

もっと女性が働きやすい環境になれば

女性が結婚して出産して、子育てしながらでも働きやすい環境がもっと整っていくことを願います。

学生の頃から維持期で働きたいと思っていた

これまでのキャリア

女性 31歳 作業療法士 急性期病棟5年、維持期病棟3年、生活介護(障害者デイサービス)半年

 

学生の頃から維持期で働きたいと思っていた

私は学生の頃から維持期で働きたいと思っていました。

しかし最初はバイタル管理など、しっかりと勉強をしようと思い急性期の病院に就職して働いていました。

そこから5年、ある程度年数が経ったので、ついにやりたかった維持期に転職しました。

しかし次に転職した維持期病院は、経営方針がどうも受け入れられなくて最終的には3年で退職をしてしまいました。

今は生活介護という環境ですが、また維持期で働いています。

 

転職活動の期間は1ヶ月ほど

デイサービスへ転職したときの話ですが、PT/OT人材バンクという転職サイトを利用しました。

期間は1ヶ月ほどです。PT/OT人材バンクに登録をして、私の条件にあった病院や施設をメールで送ってくれました。

そこで見つけた施設で今、私は働いています。

面接日の設定は担当のエージェントさんがしてくれて、面接にもついてきてくれます。

そして施設長と会う前に聞きたいこと、聞きにくいことなどの確認をしてくれます。

また、面接にも同席してくれて施設長との面談を一緒にしてくれます。言いにくいことは変わりに言ってくれます。

このように全て、会社の人がしてくれるのでとても安心して転職活動が行えました。

 

仕事は前よりも楽しくできています

転職をしてよかったです。休みはあまり変わりませんが、勤務時間が短くなりました。

日常生活に組した維持期の生活を見れているので、仕事は前よりも楽しくできています。

 

また転職をする機会があればサービスを利用したい

転職サービスを今回初めて利用してみたのですが、とてもよかったです。

こんなにいいサービスなのに無料なので驚きました。また転職をする機会があれば是非とも利用をしたいと思います。

 

放課後デイサービスもいずれやってみたい

当面はデイサービスでの勤務をしていきたいです。

生活介護で3障害をずっと見ていきたいです。発達障害にも興味があるので、放課後デイサービスもいずれやってみたいです。

 

作業療法士が必要です

私の場合は病院で働いた経験があるので、今の生活介護でのリハビリがより良くできていると思います。

生活介護に興味がある人は、是非働いてほしいと思います。理学ではなく作業療法士が必要です。

 

 

 

 

精神科に行きたいと強く考えるようになり、転職しました。

これまでのキャリア

女性 40歳 作業療法士 認知症、精神科領域10年

 

精神科に行きたいと強く考えるようになり、転職しました

もともと精神科領域に興味があり、精神科の病院に就職しました。しかし最初の配属先は老健でした。そこで認知症を7年間学びました。そしてまた、そろそろ精神科に行きたいと強く考えるようになり、転職しました。

また転職を機会に地元に戻れればいいなと思っていたので地元周辺で探していた所、たまたま精神科病院で空きを見つけたのでそこを受けました。

 

まずハローワークに行きました

私の場合はまずハローワークに行きました。しかし私の地元の就職先の情報は少なく、そこで探すのは難しかったです。

転職前の職場は有給が取りにくく、直接地元のハローワークに行くことも出来ずにいました。

家にいるときはネットで求人情報を探していました。しかし、半年ほど探しましたが精神科の空きは残念ながらありませんでした。

県外、特に関東地区は沢山精神科の求人はありましたが、私の地元での求人は全くありませんでした。

結局それから地元の知り合いだったPTの人から、「現在募集している」と情報をいただいたのをきっかけに応募に至りました。

希望する精神科病院に再就職、労働環境も良い

地元に戻って来られたことや、自分の希望する精神科病院に再就職できたのは良かったです。

そこは組合もあり、お給料のベースアップや昇給もしっかりあるので助かってます。有給も取りやすく、年間休日も多く、残業もないので助かってます。

 

地方は求人数が少ない

地方は求人数が少ないため、ハローワークやネットの情報だけでは難しいと思います。

結局、同業者からの情報や引き抜きがなければ再就職は難しいと思います。

逆に都市部であれば求人には事欠かないような状況だと思います。やはり人口の偏りが影響しているのでしょうか。

 

今後は地元への地域貢献したい

今後は地元への地域貢献の意味で、地域で高齢者や障がい者が生活できる手助けができたらと思います。私のところは社会的入院が多いため、患者さんが少しでも社会の一員として役割を持って生活できるよう、一緒に考えていければと思います。

 

将来どんなOTになりたいか

今の職場が嫌だから転職するのではなく、何を学んで行きたいか、将来どんなOTになりたいか考えて前向きな転職をして欲しいです。

 

ノルマがキツイ病院に限界だった

これまでのキャリア

女性 26歳 作業療法士、回復期病院3年

 

ノルマがキツイ病院に限界だった

働いていた病院は、1週間のノルマが辛かったです。108単位を達成しなければならないので、他のカンファレンスなどの業務が入った時はとても忙しいスケジュールとなっていました。

難しい症例も多く、とても勉強になった部分は良かったのですが、毎日追われるように過ごすことに疲れてしまった感じです。

 

転職の際にはマイナビを利用しました

転職の際にはマイナビを利用しました。マイナビでは、沢山の職場を紹介してくれますし、転職サイトから見るだけでは分からない、残業時間や昇給率、職場の雰囲気等を教えて頂きました。

そして、自分が出した条件通りの職場をいくつか紹介して頂き、マイナビを登録してから3ヶ月くらいで内定をもらう事が出来ました。

その際の職場見学や面接にもマイナビの方は同行してくれますので、安心して緊張することなく転職活動を行う事が出来ました。

 

給料は年収50万円程上がりました

給料は年収50万円程上がりました。そして、休みも年間126日で前職場より増えています。転職して条件が良くなり満足しています。エージェントの方が給料交渉をしてくれたのも有難かったです。

 

就職する前に職場の内情を詳しく知る事が出来ました

マイナビを利用する事で、就職する前に職場の内情を詳しく知る事が出来ました。

自分だけでは調べきれなかったり知ることができない情報です。リクルートエージェントを利用して良かったと思います。

 

認定訪問療法士の資格を取り、訪問リハビリを続けていきたい

訪問リハビリを現在はしているのですが、今後訪問リハビリの需要は増えていきますので、認定訪問療法士の資格を取り、訪問リハビリを続けていきたいです。

 

リクルートエージェントを利用する事をお勧め

転職を考えている人は、リクルートエージェントを利用する事をお勧めします。実際に働いている人やその職場を辞めた人の意見を知る事が出来ます。

無料で利用できるので絶対活用したほうがいいと思います。

 

リハビリ業界に対する要望

介護料が安くなっていっている現在、リハビリの仕事量は増えています。作業療法士の需要もこれからどんどん増えていくと思います。なので給料が少し上がって欲しいです。

 

 
error: Content is protected !!