経験年数9~10年

回復期病院にずっといてはOTとしてスキルアップができないと感じた

これまでのキャリア

32歳 女性 作業療法士 回復期3年 急性期病院6年

 

回復期病院にずっといてはOTとしてスキルアップができないと感じた

回復期にいた時に、一般病棟にリハビリに行く機会があり、このまま回復期で働いていてはスキルアップは難しいと感じたことが初めのきっかけ。あとは職場の上司がマルチ商法を行なっており、その勧誘が嫌になったこともきっかけでした。

 

地方で勉強しづらいと感じ思い切って都内の急性期病院へ転職

スキルアップのために勉強会などにも行ってましたが、地方ということもありいくのが大変でした。また、スキルを活かしきれないと感じたこともあり、急性期への転職を考えるようになりました。転職場所については一度は都心で働いてみたいと思っていたため、都内になりました。転職を考えてから実行に移すまでは約1年の期間を要しました。働きながらの転職活動であり、またシフト制で働いていたため、連休等もとりずらかったのでなかなか思うように動けなかったのが現状でした。また利用したサイトはPT/OT/STnetです。

 

臨床スキルは向上、給料は安いがやりがいはある

転職して、自分の臨床的スキルはかなり向上し、やりがいも感じれるようになりました。しかし急性期は給料が安く、忙しいのもあり残業は多くなりました。仕事を探す上では、いちばんの情報量は利用したサイトではないかと思います。しかし最終的には自分の目で見て、雰囲気を感じて決断をした感じです。給料は安いですが、非常にやりがいがある職場ではあるかと思います。現在は全国規模での学会発表や論文執筆なども行なっているため、引き続き取り組みます。

 

これからリハビリ職を目指す人へ

リハビリ職は、自分でやる気にならなければいくらでも楽できる仕事ではあると思います。自分が将来なのに重きを置いて働いたいかで転職や就職を考えることをお勧めします。仕事量と給料の割が合わない。リハビリ業界への要望は、在宅の現場ばかり歩合で給料が高いのはおかしい。なるべく現場による給料の差を無くして欲しい。

 

理学療法士の転職体験談サイト

10年をめどにもともと地元に帰ろうと思っていた

これまでのキャリア

32歳 男性 作業療法士 児童発達支援センター(小児領域)8年、訪問看護1年

 

10年をめどにもともと地元に帰ろうと思っていた

出身地を離れての就職であったため、10年ほどを目安に出身地に戻ろうと考えていたためです。また、最初に就職した児童発達支援センターは公的な機関ではあり、安定はしていたが、コスト意識や対象者の方との接し方などに違和感を感じ、民間で経営的な視点が強いところを見てみたい思いがあったためです。

 

半年の転職活動で、小児に携われるところを探し回った

転職の期間は半年間ほどかけて行いました。具体的な方法としては、作業療法士の知人の紹介やいくつかの求人サイトに登録して情報検索を行いました。また、小児に携わることができることを条件に入れて探していたため、ホームページでの確認や電話での問い合わせを行い、小児に携わることが可能か、もしくは今後可能となる可能性があるかを確認していきました。その中で、条件や経営的な視点が強いところなど自分の希望に合うところを絞っていき、最終的に3カ所に見学に行き、決定しました。

 

ビジネス視点は学べるが残業が増えた

私の場合は転職してみて良い点と悪い点とありました。まず良かった点は、コスト管理や業績による賞与の変動などビジネス的な視点を知ることができたことです。しかし悪かった点は、残業や会議が多く拘束時間が長くなったことです。

 

転職サービスだけでは評判などの調査はむずかしい

転職までの流れは、転職サービスの利用により自分の希望していた職場を探すこともでき、入職の手続きもスムーズでした。悪かった点に関しては、会社のホームページなどでは見えない部分(口コミなど)の調査不足によるところが大きかったと思います。

 

将来は障害児の通所施設を起業したい

今後については、起業し、障害児の通所施設を開所することを目指しています。その中で、作業療法士の視点を活かしたサービスを展開し、子どもたちが生活しやすい地域作りに貢献していきたいと考えています。

 

これから就職、転職される方へ

転職については、条件等もそうですが、口コミなど表面には見えてこないところの情報収集が大切だなと感じました。リハビリ職については、この仕事はやりがいはあると思います。ただ、目的意識を高く持ち、自分の価値を高めていかなければ、今後どんどん条件が厳しくなっていくのかなと感じています。

 

親の介護と仕事の負担が増えて転職を決意

これまでのキャリア

32歳 女性 回復期病棟5年、一般病棟2年、通所リハ2年

 

親の介護と仕事の負担が増えて転職を決意

親の介護のため、引っ越しを行い、通勤時間が長くなった。職場の人間関係は基本的に良好であったが、リハ職の人数が増えるにつれ、仕事に対していろいろな考え方をそれぞれが持つようになった。その中で意見が対立する人たちもおり、立場上、その意見を調整するような仕事をしていたが、その意見を聞くことに疲れてしまった。通勤時間が長くなったこともあり、転職を決めた。

 

内定取り消しのトラブルもあったが何とか転職

転職活動を開始してから転職するまでは約4ヶ月で、見学に行った病院・施設は3箇所、そのうち面接を受けたのは2箇所。転職サービスとしてPTOT人材バンク、PTOTST WORKERを利用していたがPTOTST WORKERから紹介してもらった施設が内定後に施設側の都合で内定取り消しになった(PTOTST WORKER側の問題はまったくなく丁寧に対応してもらっていた)ため、最終的には市内の各病院、施設のホームページから求人を探し、自分で連絡、応募はハローワークを利用した。

 

結局新しい職場も4か月で退職。その後知人の紹介で見つけた職場に落ち着いた

その後、転職してはみたものの給料は変わらなかったが休みは減り、新しい職場との考え方が合わなかったため、4ヶ月で退職した。その後、友人の紹介で別職場に転職。給料は大きく下がったが、休みの日数は以前の職場と変わらない程度まで戻った。

 

内定取り消しのトラブルが影響し焦って転職先を探したのが失敗だった

一か所内定取り消しになったことで、あわてて転職先を決めてしまったため、調査不足であった。その後友人の紹介で入った職場は友人から雰囲気を聞いており、また友人が職場の上司にこちらの事情を説明してくれていたため、すぐに転職ができた。

 

今後は後進の育成もできるようにキャリアアップしていきたい

給料面などが減っており制限はあるが、育成にも関われるように資格取得、キャリアアップをしていきたい。回復期、一般病棟、通所リハと勤務し、現在は療養病棟で勤務している。がんリハの研修を終え緩和ケア病棟での勤務も開始する予定のため、現在の勤務先で可能な範囲の時期の患者様と関わり経験を積んだ後、最終的には在宅・地域に関わる場で働きたい。

 

100点満点の職場は無いので自分の中で優先順位をつけるべき

どこの職場であってもすべてが希望通りというのは難しいため、自分の中で何を優先させたいかを決めていたほうが良い。また学校を卒業して最初の就職先はPTOTSTの人数が複数いる場所で働き、なるべく早い時期に急性期、回復期、生活期を経験していたほうがいいと思う。仕事に慣れてから行政がPTOTSTに求めることも考えながら働くといい。

 

リハビリ業界に求める事

行政との関わりは以前よりは見られているが、地域ごとの差が大きい。地域で生活している認知症の方にリハ職がどうかかわっていくのか地方でも取り組みが増えたらよい。また学生の育成が難しいと感じるのでテコ入れもしてほしい。

 

大学院卒業のタイミングで元々予定していた転職だった

これまでのキャリア

31歳 男性 作業療法士、急性期病院5年、老年期・維持期5年

 

大学院卒業のタイミングで元々予定していた転職だった

大学卒業後、そのまま大学院に進学しました。大学院に通っている間は、非常勤で大学の教員が出入りしている介護老人保健施設で作業療法士として勤務していました。修士、博士課程を終えた後に、もともと老健からは移る予定だったので、修了に伴って転職致しました。

 

転職活動は3か月、友人のツテで転職

友人の中で、臨床業務と研究業務両方に勤しむことができる職場で働いている人がいました。ちょうど、その病院で私が大学院の博士課程を修了するタイミングで作業療法士の応募が出ていたため、検討していました。その友人とは仲が良いため、食事に行って条件面や内部の状況などを聞き、実際に受験するかどうかを考えました。その後、一度施設見学に伺い、好印象を受けたため、受験をするに至りました。期間は3か月ほどでした。特に利用したサービスはありません。

 

同世代の作業療法士と比べると良い環境で仕事ができている

臨床業務と研究業務両方に勤しむことができており、やりがいをもって仕事をすることができています。おそらく同じ世代の作業療法士に比べると給料面も多くもらえている方だとは思います。施設の充実面、福利厚生面でも満足しています。

 

人脈が結んだ転職だった

やはり、友人との人脈が大きかったと思います。友人が私がどのような人物なのかを現職場に説明できたからこそ、採用がスムーズな運びになったものと考えます。

 

最終的にはOTを育てる立場になりたい

今後も研究や臨床業務を頑張り、目の前の患者さんへの効果の還元を目指します。また、最終的には大学の教員となり、作業療法士を育てる立場になりたいです。

 

長期的な視点で将来を考えて

手に職がある仕事であるため、転職はスムーズにできると思います。目先の給料のみならず、長期的なやりがいや将来性、自分の適性を考えて転職してみてください。

 

 

 

彼氏との同棲をキッカケに転職を決意しました

これまでのキャリア

女性31歳 急性期病棟5年、維持期病棟3年、障害者施設1年

 

彼氏との同棲をキッカケに転職を決意しました

付き合っている彼氏と一緒に住むことになり病院までの距離が遠くなりましたそのため働いている病院で勤務を続けるのは大変でした体がとても疲れてしまい勤務に影響が出てしまいそうな気がしましたそのため転職をしようと決めました

 

エルユーエスという転職サービスを利用しました

エルユーエスという転職サービスを利用しました。転職期間は3か月くらいだったと思いますエルユーエスはメールで私の伝えた希望通りの病院や施設を送ってくれますそれで気になるところがあれば面接や施設見学の日程を組んでくれますそして一緒に来てくれます。また聞きにくいことはエルユーエスの職員さんが代わりに聞いてくれました。質問内容などは前もって数分の打ち合わせやメールなどをします終わった後も聞きたいことがあれば連絡を取ってくれました。

 

給料は減ったけど、体の負担も減りやりがいも増えた

転職して給料は減りましたが、月の勤務時間も減りました。仕事は今までよりもやりがいがあります。通勤時間が減り、体への負担は楽になりました。

 

転職活動が上手く行ったのはサービスにバックアップしてもらえたから

転職サービスがよかったので転職活動がスムーズだったと思います。しかし今の職場は同じ職種なのに勤務条件が異なります。お互いにもらっている給料は知らないのですが、同じであれば不公平です。なんかすこしわだかまりはありますね。

 

放課後デイサービスにも興味がある

放課後デイサービスに興味があり、今後はもっと経験を積んでそこで働いてみたいと考えています。身体機能ではなく、自閉症や知的障害などの子供たちの施設で働きたいです。

 

これからリハビリするなら作業療法士がおすすめです

リハビリの仕事をするなら、おすすめは作業療法士です。理学療法士よりも仕事の幅が広いです。特に精神分野や作業療法士にしかできません。精神は強みですよ。

 

 

もともと数年経験を積んだら転職するつもりだった

これまでのキャリア

31歳 女性 急性期病院5年、維持期病院3年、障害者施設(デイ、訪問)1年

 

もともと数年経験を積んだら転職するつもりだった

もともと急性期でバイタル管理などを学ぶために就職しましたが、急性期病院は給料が安いので数年間しっかりと勉強をしたら退職をしようと思っていました。3年目の頃に研究発表をするように上司から言われ、半年以上かけてそれを終えることができました。かなり大変だったので、正直もう研究はしたくないと思いました。またそのとき、任意で勉強させてもらえるところ、研究がないところに行きたいと思うようになりました。

 

転職期間は半年くらいかけました

今の転職先は自宅から通えるところで探していました。また給料は前よりもよくて、固定休暇のところに就職をしたいと思っていました。期間としては半年くらい探していたと思います。最初はハローワークへ行きました。しかしあまり理想としている求人はありませんでした。次にPT、OT、STワーカーというところに登録をしました。ここからは、たくさんの求人がメールで届くようになりました。その中で気になる求人があるとこちらから連絡をします。すると面接の日程などを組んでくれるのでとてもよかったです。

 

今の仕事のほうがやりがいを感じている

自宅から近場で探していたので、転職して通勤時間の短縮に繋がりました。しかし休みの数は変わっていません。けれど仕事は今の方がやりがいを感じているので転職をしてよかったです。

 

見学の時にしっかりと確認したいことを聞けたのが良かった

施設見学のときに聞きたいことをしっかりと聞けたことがよかったです。転職サービスに関わってくれた人が聞きたいことの調査をしてくれたので、直接相手側に聞きにくいことを聞いてくれたのでよかったです。

 

生活介護はやりがいがある

今は生活介護のデイで働いていてとてもやりがいを感じています。やはり生活に密接しているので作業療法士としてのやりがいは大きいです。今後も生活介護でのリハビリをしていきたいと思っています。

 

作業療法士は生活介護にまだまだ必要

病院だけがリハビリ職ではありません。生活介護でのリハビリは必要です。特に作業療法士は必要です。3障害いるので、一番必要なのは作業療法士です。転職や就職をこれから考えている人は、ぜひ生活介護での就職も考えてください。

 

 

精神科に行きたいと強く考えるようになり、転職しました。

これまでのキャリア

女性 40歳 作業療法士 認知症、精神科領域10年

 

精神科に行きたいと強く考えるようになり、転職しました

もともと精神科領域に興味があり、精神科の病院に就職しました。しかし最初の配属先は老健でした。そこで認知症を7年間学びました。そしてまた、そろそろ精神科に行きたいと強く考えるようになり、転職しました。

また転職を機会に地元に戻れればいいなと思っていたので地元周辺で探していた所、たまたま精神科病院で空きを見つけたのでそこを受けました。

 

まずハローワークに行きました

私の場合はまずハローワークに行きました。しかし私の地元の就職先の情報は少なく、そこで探すのは難しかったです。

転職前の職場は有給が取りにくく、直接地元のハローワークに行くことも出来ずにいました。

家にいるときはネットで求人情報を探していました。しかし、半年ほど探しましたが精神科の空きは残念ながらありませんでした。

県外、特に関東地区は沢山精神科の求人はありましたが、私の地元での求人は全くありませんでした。

結局それから地元の知り合いだったPTの人から、「現在募集している」と情報をいただいたのをきっかけに応募に至りました。

希望する精神科病院に再就職、労働環境も良い

地元に戻って来られたことや、自分の希望する精神科病院に再就職できたのは良かったです。

そこは組合もあり、お給料のベースアップや昇給もしっかりあるので助かってます。有給も取りやすく、年間休日も多く、残業もないので助かってます。

 

地方は求人数が少ない

地方は求人数が少ないため、ハローワークやネットの情報だけでは難しいと思います。

結局、同業者からの情報や引き抜きがなければ再就職は難しいと思います。

逆に都市部であれば求人には事欠かないような状況だと思います。やはり人口の偏りが影響しているのでしょうか。

 

今後は地元への地域貢献したい

今後は地元への地域貢献の意味で、地域で高齢者や障がい者が生活できる手助けができたらと思います。私のところは社会的入院が多いため、患者さんが少しでも社会の一員として役割を持って生活できるよう、一緒に考えていければと思います。

 

将来どんなOTになりたいか

今の職場が嫌だから転職するのではなく、何を学んで行きたいか、将来どんなOTになりたいか考えて前向きな転職をして欲しいです。

 

error: Content is protected !!