転職して私には地域リハで働くことの方が向いていると発見できた

これまでのキャリア

30歳 女性 作業療法士、病院3年(回復期1年、急性期2年)、訪問看護・リハビリステーション1年半

 

いつかは地元に戻りたいという思いがあった

新社会人になる際に、自立したいという思いが強く、地元を離れて教育に力を入れている他県の職場で働きました。当初からいつかは地元に戻りたいという思いがあったため、3年働いてから転職をしました。また、様々な領域で働きたいと思っていたため、病院の後は訪問リハビリに変えました。

 

地元の情報が解らなかった為、転職エージェントに登録し情報収集

転職を決めて活動し始めてから所要時間は約1ヵ月で決まりました。前職が地元ではなく他県だったこともあり、地元の職場の評判など全く分からなかったため、専門職専用の紹介会社に登録して紹介してもらいました。その会社は電話での相談や履歴書の確認、面接の同行などとても手厚い対応をしてくれるところでした。最初は面接にまで来なくてもいいのにと思いましたが、後々、面接に同行してくれることでその職場の面接の流れや、面接時によくみられる質問、対応策などを事前に伝えてくれるので、結果は助かりました。

 

転職して私には地域リハで働くことの方が向いていると発見できた

私は転職して良かったと思います。病院から地域社会に転職したので、働き方など殆ど違いました。病院は休みはシフト制でバラバラだったのが、訪問で働き始めてからは完全週休二日制で、祝日休みとさらに月に一回平日休みをもらえました。給与面では、基本給などは上がりましたが、賞与は歩合制だったためあまり多くなく、全体の報酬だと病院とあまり変わらなかった印象です。ですが、病院から退院して在宅生活の復帰に向けてリハビリができることにはとてもやりがいを感じ、私には地域で働くことの方が向いているという発見にも繋がりました。

 

紹介会社でスムーズに転職できたが、もうちょっと粘っても良かったか

紹介会社が親身になってくれたので、とてもスムーズに進みました。ただ、今振り返るとスムーズすぎたというか、私自身がもっと見学に行ったりと行動していたら、さらに視野を広げることはできたと思います。現在は事情があって休職中ですが、将来は訪問リハビリまた再開したいと思っています。終末期のリハビリテーションにとても興味があるので、そのための実績も積んでいきたいと考えています。

 

職場見学して職場の空気や患者さんとの関係を見れると良いと思います

紹介会社への登録は無料なので、そういうところで紹介してもらうのも一つの手ですが、見学が可能な職場であるならまずは見学して職場の空気や患者さんと職員の関係性なども見てこれたら良いと思います。また、大変にはなりますが、面接は一つと限らずいくつか受けてみて、その間に色々調べてから選んでも遅くないと思います。

 

妊婦でも役割があり働ける社会になったらいい

これはこの業界に限ったことではありませんし、現実問題厳しいかと思いますが、妊婦でも転職できる環境があるととても助かります。リハビリ職はやはり体力を使うことですし、体調が不安定だったり、力仕事を任せられない状態の人材は雇いたくないというのが普通の考えだと思います。ただ、専門の資格を持ちつつそれをいかして働きたいのに働けなくて困っている人がいるということを考慮して雇用形態など考えていただけると助かります。

 

関連サイト:理学療法士の転職・給料安いについて

新卒理学療法士の就職先・就職活動について

 

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!