仕事環境は良かったが、結婚を機にパートのリハビリを求めた

これまでのキャリア

32歳女性 作業療法士、精神科病棟5年

 

仕事環境は良かったが、結婚を機にパートのリハビリを求めた

お給料も安定していて福利厚生もよいこの仕事をずっと続けようと思っていましたが、結婚を機になかなか子供に恵まれず、不妊治療をするためには突然の休みなどが比較的取りやすい短時間・パートの仕事に転職したいと思ったのがきっかけです。

 

不妊治療を続けながら1年かけて、福祉関係の仕事先を探した

退職後は失業手当をいただきながら、1年間ほどハローワークに通ってじっくりと時間をかけて自分の理想と条件にあった仕事を探しました。先方には不妊治療で通院したいことは伏せて仕事がしたかったので、場所は近隣で1日4時間ほど、午前中に病院にいくことができる、土日祝日は休むことができる、体調不良の際など突然の休みにも比較的対応をしてくれそうな職場をあらかじめ選び、その中から自分の今までのスキルを活かせるような福祉関係の会社に職種に絞って採用試験を受けました。

 

収入は減ったがゆとりのある環境で無事子宝にも恵まれた

お給料は以前の3分の1ほどに減ってしまいましたが、不妊治療は精神的にも身体的にも負担がかかるので、無理せずのんびりと仕事ができ、その中でも自分の今までのスキルとキャリアを生かしながらお給料をいただくことができましたし、また結果として子宝にも恵まれることができたので転職してよかったと思っています。

 

作業療法士の経験を活かせたので、福祉の仕事につけたと思う

未経験ですが福祉関係の仕事につけたのは、やはり「作業療法士」という資格を持ち、僅かながら経験があったことだと思います。またどのような条件で働きたいかという具体的なビジョンを持っていたことも採用された理由だと思いました。

 

作業療法士の経験を活かし、仕事内容にはこだわらず仕事を頑張りたい

当面は仕事内容にはこだわらず、作業療法士の資格や経験、また現在の福祉の仕事の経験を活かして仕事をしていきたいと考えています。リハビリ職大は変やりがいがりますが、患者様たちの人生や生活の質を私たちに任されていると思うと決して楽ではない仕事です。

また給料面でも1人で家族を養っていくのはこれからの時代とても大変なことです。しかしせっかく資格をとったのですから今後のためにも一定の経験はしておく必要があると思いますが、各々の置かれいてる環境や今一番大切なことを考えながら、仕事は選びながら取り組んでいくことも選択肢の一つであると思います。

理学療法士の明日はどっちだ!転職奮闘記

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!