本格的に動き始めてからは毎回1~2ヶ月程度で決めます。

今までのキャリア

36歳 女性 回復期病院2年、老健3年半、他職種1年、老健半年、特別養護老人ホーム4年目

 

家庭の事情で稼ぐ必要があった

私の場合職歴がちょっと複雑ですが、まず最初の転職(病院→老健)は給料アップのためでした。家庭の事情でどうしても稼ぐ必要があったためです。

次の転職(老健→他職種)は自分の夢を叶えるためでした。それは作業療法士の学生の時からやりたいことだったため、その当時の老健は働きやすい職場でしたが、夢をかなえるために辞めることを決めました。結局、チャレンジした夢はかないませんでしたが、トライできたことは良かったです。

その後、1年のブランクがあり、再度別の老健に転職しました。そこからの転職(老健→特養)はパワハラによる精神負担軽減と結婚のためです。人間関係は仕事をするのにとても大事で、合わない人がいると仕事がままなりません。私は精神的にすっかり参ってしまったので半年で退職を決断しました。幸いその時に支えてくれた彼とも結婚するタイミングだったので、諸々心機一転するためでもありました。

 

毎回1~2ヶ月程度で決めます。

転職回数は結構なものになるのでそれなりに感覚をつかんでいます。まず理想は、転職を本格的にする半年前からインターネットの求人サイトで職場探しをはじめます。精神的に余裕が無い場合は半年も持たないので、すぐに決めます。

基本的にはYahooなどで「作業療法士 求人 地名」で検索しています。そこで見つけた求人サイトで給与(年収)、年間休日数。仕事時間を確認しています。本格的に動き始めてからは毎回1~2ヶ月程度で決めます。

私の場合はハローワーク、PTOT人材バンクを使うことが多いです。PTOT人材バンクの場合は仲介業者の方に施設見学や面接に着いてきてもらいました。最近はインディードを見る割合も多いです。

 

ストレスなく自由に働けている

最初の転職は給料が増えたため満足です。今はそれと比べると休日は減ってしまいましたが、ストレスなく自由に働けていることが良かったです。

 

人材バンクさんは見合ったところを一生懸命探してくれます

人材バンクさんは具体的な要望を出すと、見合ったところを一生懸命探してくれます。就職活動では、こだわりポイントの優先順位をつけるといいと思います。自分の中でも整理ができますし、仲介業者さんを使う場合は、こちらの希望する職場の条件を伝えやすくなります。

 

今は福祉用具を学ぶ事が楽しい

今は福祉用具を学ぶ事が楽しく、今後は出来れば、当分は特別養護老人ホームで働きたいです。また訪問リハビリにも興味があるのでいずれは訪問でも働いてみたいです。

 

まだまだリハビリ業界は人材不足

まだまだリハビリ業界は人材不足なところがあります。それでも自分の強みがあると、より転職をする時に有利に働くと思います。

 

 

 

error: Content is protected !!