もともと数年経験を積んだら転職するつもりだった

これまでのキャリア

31歳 女性 急性期病院5年、維持期病院3年、障害者施設(デイ、訪問)1年

 

もともと数年経験を積んだら転職するつもりだった

もともと急性期でバイタル管理などを学ぶために就職しましたが、急性期病院は給料が安いので数年間しっかりと勉強をしたら退職をしようと思っていました。3年目の頃に研究発表をするように上司から言われ、半年以上かけてそれを終えることができました。かなり大変だったので、正直もう研究はしたくないと思いました。またそのとき、任意で勉強させてもらえるところ、研究がないところに行きたいと思うようになりました。

 

転職期間は半年くらいかけました

今の転職先は自宅から通えるところで探していました。また給料は前よりもよくて、固定休暇のところに就職をしたいと思っていました。期間としては半年くらい探していたと思います。最初はハローワークへ行きました。しかしあまり理想としている求人はありませんでした。次にPT、OT、STワーカーというところに登録をしました。ここからは、たくさんの求人がメールで届くようになりました。その中で気になる求人があるとこちらから連絡をします。すると面接の日程などを組んでくれるのでとてもよかったです。

 

今の仕事のほうがやりがいを感じている

自宅から近場で探していたので、転職して通勤時間の短縮に繋がりました。しかし休みの数は変わっていません。けれど仕事は今の方がやりがいを感じているので転職をしてよかったです。

 

見学の時にしっかりと確認したいことを聞けたのが良かった

施設見学のときに聞きたいことをしっかりと聞けたことがよかったです。転職サービスに関わってくれた人が聞きたいことの調査をしてくれたので、直接相手側に聞きにくいことを聞いてくれたのでよかったです。

 

生活介護はやりがいがある

今は生活介護のデイで働いていてとてもやりがいを感じています。やはり生活に密接しているので作業療法士としてのやりがいは大きいです。今後も生活介護でのリハビリをしていきたいと思っています。

 

作業療法士は生活介護にまだまだ必要

病院だけがリハビリ職ではありません。生活介護でのリハビリは必要です。特に作業療法士は必要です。3障害いるので、一番必要なのは作業療法士です。転職や就職をこれから考えている人は、ぜひ生活介護での就職も考えてください。

 

 

error: Content is protected !!