色々な事情・理由で、様々な場所で作業療法士として働いてきた

これまでのキャリア

36歳女性 作業療法士、回復期2年、老人保健施設計4年、海外(青年海外協力隊)2年、特養4年半

 

家庭の事情、働き方などの考えでいろいろな場所で作業療法士として働いた

はじめの転職は家庭の事情による給与アップのため。(病院→老健)次の転職は海外で働きたい、保健にとらわれない働き方をしたい希望があったため。(老健→協力隊)帰国後別の老健に勤めたが、パワハラにあったのと、結婚が決まったため。特養にしたのはパワハラで自己評価が低くなっており、自信がなかったことと、時間の自由がききやすいため。(老健→特養)

 

PTOT人材バンクなど、転職サービスをよく利用して転職をしている

PTOT人材バンク、ハローワークによる紹介を利用した。転職を考え出すとリハ職向けの転職サイトを見たり、「作業療法士 〇〇区 求人」などで検索をして、条件に合うところをみる。早い時は1年以上前からなんとなく見ている。条件として年収、休日数、通いやすさ、福利厚生の順番で考える。転職をしたい半年くらい前から、紹介会社にも登録をして、紹介を受ける。ブランクを開けたくない場合は、転職をする2〜3ヶ月前には新しい就職先が決まっているようにしている。

 

給料、休みとも最初の転職では好転したがその後は横ばいだと思う

最初の転職では給与、休み共に上がったが、その後は同じくらいの年収、休日数で推移している。よかった時もあったし、悪かった時もあった。転職サービスはこちらの要望についてリサーチしてくれて、適切な場所を教えてくれるので転職する時に利用することはお勧め。パワハラについては単純に相性が合わなかったのだと思う。生きていれば色々なことはあると思う。

 

今後のキャリアについて

引っ越しとともに転職する予定なので、今後は腰を落ち着けて長く勤められるところで仕事をしたい。職員を大切にしてくれる、働きやすい現場を探したい。

 

私の経験上、見学面接で違和感を感じたら、長く勤められないかも知れないと感じる

職場見学、面接に行った時に最初に違和感を感じた場合、長く勤められる可能性は低いと思います。どんなに条件が良くても考え直した方が良いと思います。

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!