自分の性格や生活スタイルにあった勤務地を探そうと思った。

これまでのキャリア

28歳 女性 主な勤務先:ケアミックス病院(慢性期中心、小児病棟あり)半年、介護老人保健施設2年半

 

自分の性格や生活スタイルにあった勤務地を探そうと思った。

元々ケアミックスの病院に勤務していたが、上京してすぐで環境についていけなかったこともあり体調を崩し、働けなくなって辞めざるを得なくなった。次はもう少し自分の性格や生活スタイルにあった勤務地を探そうと思い、転職しようと思った。

 

以前の病院は残業が多かった。エージェントに登録して勤務先を見つけた。

ケアミックスの病院ででとにかく残業の多い部署に所属していたので、非常勤でもいいので「残業の少ない勤務先」を中心に探した。ただ、個人で探すと大きい病院が中心になってしまったので、もっと広い範囲、たくさんの分野で探すことも考え、転職サイトを利用したいと思った。実際に「PT-OT-STワーカー」に登録して再度探したところ、直近の勤務先である老人保健施設が見つかり、人手が慢性的に不足していたこともあってすぐに採用が決まり、ゆったり働くことができるようになった。

 

時間のゆとりは出来たが経済的には・・・

転職してみて総合的にみると、年単位で続けることが出来ているので良かったのではと思う。給与の手取りがだいぶ減ったので、以前より生活が苦しくなってしまったのは否定出来ないが。

 

転職サイトとどこも似たような案件が多い

転職サイトには複数登録したが、正直どこも紹介している案件は似ていた。ただし登録先の担当エージェントが非常に親身に対応してくれる人だったため、納得が行くまで勤務先を紹介してくれたのが良かったと思う。

 

転職して自分の適応を知ることができた

転職により、自分には病院よりも在宅に近い環境、具体的には老健やデイケアといった場所での勤務が向いていると知った。今後も得意分野で働きたい気持ちが強いが、一方で見聞を広めるために病院でまた色々な人のリハに取り組みたい気持ちもある。

 

これからリハビリ業界を目指す人たちへ

リハビリは「体を動くようにする」仕事だけでなく、「生活できるレベルに持っていく」「対象者の生活満足度を高める」仕事だと思う。近年再び機能訓練が見直されてきているので、まずはしっかり基礎となる関節の動き方、筋肉の走行といった解剖学的要素を見直すべき。あと、認知症の高齢者は、本人の人となりをきちんと理解しないと対応が難しい。家族の話だけでなく、本人の話もきちんと聞くこと。本人の考え方は本人にしかわからないから。

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!