結婚を機に働き方を変える必要があったために転職

これまでのキャリア

作業療法士 女性 臨床27年(リハ専門病院6年 療養型6年 訪問リハ12年 施設数カ所を3年以上)

 

 

結婚を機に働き方を変える必要があったために転職

もともとの地元から違う地域で結婚。正社員で勤務することが難しくなり、パート勤務を探したけれど、主人が医療関係職ではなく知人がなかったため、ネットにて求人を検索。医療系の求人紹介サイトにも登録してよい職場が見つかった。

 

知人が少なく情報が不足したため求人サービスを利用

キャリアが長く、施設や訪問の経験もあったので、広い分野で求職活動をした。また、給料よりも交通の便や時短勤務を希望したため、そこを優先に探した。自分一人で探すには知人がなく、PTOTSTネットなどの大手の会社に登録し、条件に合う職場を探した。
現在勤務している施設は、求人会社2社に登録して、そこから2か所に見学に行き、その後に条件に合うところで見つかった。自分一人で探すよりも、給与面で有利なところが見つかりやすく求人サービスを利用して助かった。

 

良い環境に転職できた

転職してよかった。以前の職場よりもコンプライアンスもしっかりしており、システムが整備されている。会社の雰囲気が程よく緊張感があり、公私混同に怠惰な勤務をしている人がいない。

 

職務経歴書なども添削してくれて助かった

人材登録の会社を利用するのは、非常によいと感じる。情報が集まることに加えて、個人で探していたら職務経歴書などの書き方を添削していただく機会はなかったと思う。

 

今後は様々なことを考えていく必要がある

肉体労働がつらい年齢になってきており、仕事のボリュームや働き方について考える時期に来ている。わが子の事情や介護の問題も今後浮上してくる可能性があり、自分の都合だけで仕事を継続することが難しくなってきた。

 

求職サービスは相談できて心強いので利用を勧めたい

ネットで求人している会社はあるが、人材登録の会社で求人をしていないところも多い。かなり求人するのにコストがかかるためとのこと。しかし、第3社を通して求職活動をする方が、給与面などで相談にのってもらうには心強いのでぜひ利用する方が良い。

 

リハビリ業界に望むこと

小児分野、または起業する人も増えているため、個人経営をしている人の横のつながりも必要ではないかと思う。

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!