結婚や出産に伴い、働き方が変わった

これまでのキャリア

41歳 女性 精神科病院2年、デイサービス 3年、回復期病院2年、急性期病院3年、訪問看護 7年 その他 パート勤務

 

結婚、出産で転職を決意

一番大きなきっかけは結婚や出産に伴い、働き方が変わったという点です。特に一人職場では、子供が病気の時に休むことが出来ず、また有休消化も出来ないため、結局は退職することになりました。また、福利厚生が整っている準公務員の職場では働きやすかったものの、給料がとても安く、転職することになりました。

 

PTOT人材バンクを利用することが多い

転職はPTOT人材バンクに頼んで、探して頂いたことが結構ありました。毎回、希望のエリア、どのような職場がいいか、給料、休みなど細かく希望を伝えて、転職先を数カ所に絞って頂きました。実際の面接の時も立ち会って頂き、こちらがは話しにくい給料面や休みについて交渉して下さり、とても頼りになりました。今の職場は人材バンクのホームページを見てそこに載っていた求人を人材バンクさんに紹介してもらいました。給料や休みについてはっきりと記載してあり、分かりやすかったです。勤務先の希望地も記載がありました。

 

今は非常勤だが歩合制なのでやりがいがある

今は訪問看護ステーションに勤務して働いていますが、今の職場には満足しています。私の場合は子供の面倒を見なければいけないので非常勤ですが、歩合制の職場のため、訪問件数が多いほど給料は上がります。また、自由に有休も消化できる余裕があります。

 

転職は情報収集が一番大事

転職活動を失敗しないためには、とにかくしっかりと調査することだと思います。給料については、面談時、または事前に提示されると思うので大丈夫だと思いますが、有休消化率や福利厚生についてはしっかりと調べた方がいいと思います。仕事を始めてから後悔しても遅いですから。

 

今の職場で定年までやりたい

今の職場で定年まで勤めたいと思います。訪問看護ステーションですので、体力的には厳しくなってくると思いますが、お客様のニーズに合わせてリハビリを提供できればと思います。

 

色々な分野の中から自分のやりがいの持てる職場を

一言にリハビリと言っても様々な分野での仕事があると思います。転職の際には給料や有休消化率、福利厚生などで決めてしまいがちです。もちろんそれも大事ですが、自分がやりがいを持てる職場を探し出して下さい。私の経験上ですが、その方が結果的に長く務められる職場を見つけられると思います。

 

error: Content is protected !!