希望していないリハビリ領域への移動で転職を決意

これまでのキャリア

31歳 女性 作業療法士、精神科領域8年

 

希望していないリハビリ領域への移動で転職を決意

いくつもクリニックを持っている精神科単科の病院勤務でしたが、移動により、希望していなかった領域(高齢者デイ)に配置となりました。移動先の人間関係もあまり良くなく、あまり向上心のない雰囲気も当時の自分には合わないように感じ、転職を意識しました。

 

退職後はワーキングホリデーでリフレッシュ、その後結婚も決まり新天地で転職先を探した

前職を辞めた後すぐ、ワーキングホリデーに8ヶ月出て、帰国後約1ヶ月転職活動をして現職場に決まりました。同時期に結婚も決まって、旦那が住んでいる所が当時自分が住んでいた場所(実家)から3時間離れた地方であり、これまでの自分とは縁もゆかりもない場所であったため、まずはハローワークを利用して求人情報を見つつ、リハビリ職専門の転職サイトもいくつか登録して、自分の興味のある領域や年収、働き方ができる職場を紹介していただきました。

 

転職先は子育てしやすい環境だったが、給料が減ってしまった

転職せざるをえない状況だったのでなんともいえませんが、自分の経験値が上がった点ではよかったと思います。また、今の職場は休みがとりやすく、子育てしながら働くには恵まれているので助かってます。給料面では8割くらいに減ってしまって困ってます。

 

細かいところまで見学を通して確認しておけばよかった

私が働く上で大事にしている職場の雰囲気とかは、現場のスタッフとしっかり話してみないとわからないことなので、見学に伺ったさいに、たくさん話せるといいなと感じます。給料についても、ボーナスが少なくなることがあるということをきちんと確認しておけばよかったと思ってます。

 

今後は小児も勉強して、幅広く活躍できる作業療法士になりたい

これまで精神障害の分野で働き、入院~地域まで支援を経験させていただいてきて、途中で老年期の方も少しかじってみれたので、今後は分野を変えて小児の方も勉強してみたい。いずれは、小児~老年期まで幅広く人生を支援することができる作業療法士になれたらかっこいい。

 

転職先に自分の考えを伝えて、自分らしく働けるか反応を見極めるとよいかも

自分が何を大事にして働いているのかを考え、転職先のスタッフたちと実際にお話しさせていただいて、自分らしく働くことができるのか見極めるといいのではと思います。実際に転職してみて気づくこともあるので、自分としては何回か転職してみるのもありなのかなぁとも感じてます。

 

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!