家族のために転居する必要があり、働いていたところを退職

これまでのキャリア

31歳 女性 作業療法士。肢体不自由児通園施設2年3か月、急性期病院4か月、訪問看護ステーション内のリハビリ業務3年9か月。現在、介護老人保健施設1か月。

 

家族のために転居する必要があり、働いていたところを退職

子どもの就学のタイミングと親の介護を目的で転居を決定。働いていたところを退職し、転居先にて新たに仕事を探すことにした。また以前働いていたところは、子供の体調不良による休みや、幼い子供がいる家庭に対しての時短勤務やパート勤務の配慮がなく、有給の使用も取りづらい。またしっかり働いているにも関わらず、給料は安くボーナスも少なかった。社長のヒイキや業務を増やされたにも関わらず給料が増えなかったりして、不満も多くあったため。

 

転職エージェントのサービスにいくつか登録し、転職先を紹介してもらった

退職後、3日ほどでハローワークに登録し転職先を探した。また同時に「PTOTSTワーカー」「PTOT人材バンク」に登録し、転居先から通いやすく、パートタイム勤務での転職先の情報を収集した。その後2週間程で、PTOTSTワーカーから条件に合う案件を3件ほど挙げていただき、その中からの1件を1週間後に見学・面接・就労条件の確認を行った。雰囲気や雇用条件もよく、子育てにも理解がある職場であり働きやすいと思い、その場で契約。保育園の準備や転職先の給料〆、制服の準備等の関係により、契約から3週間ほど後から勤務開始となった。

 

必要に迫られた転職だったが、労働環境は以前と比べ良くなった

以前の就職際と比べると、子供のことに対して理解があり、休みも融通が利きやすい。休憩時間もしっかりあり残業もほとんどないため、生活リズムが作りやすく、子供たちと遊ぶ時間が増えた。また以前の職場と比べ、勤務時間は明らかに減っているにも関わらず、給料はわずかに減ったのみで生活費に影響は出ていない。

 

絞った条件下でもいくつか選択肢があったので、良い所を選べたと思う

条件をかなり狭く設定していた(居住地から〇分以内、車通勤可、休みがとりやすい、一人職場なし等)が、それでも何件か転職先の候補があったため、そのなかから良い所を選べた。タイミングも良かったのかもしれない。

 

良い環境に巡り合えたので、できるだけ長く勤務したい

現在、就職した老健では子どもに対しての理解もあるため、できるだけ長く勤務をしたい。職場の同業者も仲がよく、仕事がしやすく、お互い助け合うことができるのでありがたい。

 

これから転職する人へアドバイス

地域によっては、まだ働きやすいところがあると思うので、最初からあきらめずに、自分が何を優先したいかで仕事を探してもよいかと思う。

 

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!